美しく在りたい貴女のための美容皮膚科がある

女の人

コラーゲン注射による治療

先生

美肌治療の工夫

乾燥肌や敏感肌は、コラーゲンやヒアルロン酸を配合している化粧品でスキンケアをすることができます。重症な乾燥肌や敏感肌をケアするにはスキンケア化粧品では困難であり、美容皮膚科で治療することが望ましいです。美容皮膚科ではコラーゲン注射による美肌治療が行われており、コラーゲンを皮膚に注入することによって美しい肌になります。コラーゲン注射は肌のたるみ治療に最適で、目の下のたるみの解消には特に優れた効果があります。目の下のたるみの症状は、加齢に伴う皮膚のコラーゲン不足が原因です。美容皮膚科でコラーゲン注射の施術を受けると不足しているコラーゲンを補うことができ、目の下のたるみが解消して肌にハリが戻ります。コラーゲン注射はシワ取りにも最適で、目尻の小じわの解消に特に優れた効果を発揮します。乾燥肌の人は正常な肌の人よりも小じわが出やすいですが、コラーゲン注射をすることによって、気になる部分の小じわを解消することができます。コラーゲン注射は年齢肌のエイジングケアにも最適で、加齢による法令線やマリオネットライン、ゴルゴラインを消すことに貢献します。気になる箇所をピンポイントでケアすることに向いており、加齢に伴う肌の悩みが解消します。コラーゲン注射は極細の注射針を使用するため痛みは最小限に抑えることができ、注射が苦手な人でも問題なく施術が受けられます。美肌の効果は半年から1年程度継続し、効果が薄くなってきた時にはコラーゲン注射を繰り返すことで、美肌の状態をキープできます。

コラーゲン注射の注意点

コラーゲン注射は安全性の高いプチ整形の施術ですが、美容皮膚科で施術を受ける際にはいくつかの注意事項があります。美容皮膚科の美容治療は医療行為であるため、医師からの注意事項をしっかりと守ることが非常に大事です。コラーゲン注射をすると、人によっては皮膚にアレルギー症状が出る場合がありますので、施術前には必ず皮内テストが行われます。皮内テストで陽性反応が出た時には残念ながらコラーゲン注射による施術は受けられず、他の施術を選択することになります。美容皮膚科は医療機関であるため、施術前のカウンセリングで問診が行われます。じんましんなどのアレルギー症状のある人は、問診の際に必ず医師に申し述べることが必要です。アレルギー症状があるのに申し述べなかった時には、肌にダメージを与える場合があるので注意を要します。コラーゲン注射はプチ整形であるため、効果の持続期間は半年から1年程度に限られます。効果には個人差がありますので、人によって効果の持続期間は違ってきます。いずれにしても、永久的な効果は得られないので注意が必要です。ただし、繰り返し施術を受けることによって、美肌の効果を持続させることが可能になります。コラーゲン注射はダウンタイムが少なく、施術を受けた当日から洗顔やメイクをすることができます。人によっては一時的に肌が赤く腫れる場合がありますが、時間が経過すると腫れの症状は収束します。万一、腫れが引かなかったり肌に違和感を感じる場合には、医師に連絡をして相談することが必要です。